マンツーマン英会話
子供英会話

地頭と英会話の関係

当教室は、ペラペラ英語を話す英語力よりも、話す内容を重要視しているちょっと変わった英会話教室です。

当教室は英語だけを教えません

当教室では子供達にレッスンを50分行っていますが、英会話のレッスンは最初の40分だけで、残りの10分は日本語で授業を行っています。

「生きる力」を養う

最後の10分では地頭(じあたま)を鍛える授業(生きる力を養う授業)を行っています。この10分間は日本語で講師から生徒に疑問を投げかけ、自分の頭で考える訓練をしています。

人生を豊かにする3K

人生を豊かにする3K、つまり「気付く」「決める」「行動する」があります。まずは気付かないと何も始まりません。そのためにWhy?(なぜ?)と考えるクセをつけるレッスンを行います。

地頭力(じあたまりょく)が一番大切

生きる力、すなわち地頭力(社会に出たとき、正解のないトラブルを自分の頭で考えて乗り越える力)がこれからの子供たちに何よりも必要になってくると私たちは考えています。

なぜなら私たちの子供が社会人になることには、今よりさらにテレビ、ネット、本などから情報の波が毎日のように流れ込んできます。日々何も考えずに、そのような情報に迎合するのではなく、「世間では●●と言われていますが、私は▲▲だと思います」と堂々と自分で考えぬいた意見を言えないと、子供の頃に自分がなりたかった大人になることができません。そのために地頭力を鍛えます。

最後の10分で疑問を投げかけ、考えさせる

  • なぜ勉強するの?
  • 勉強するとどんないいことがあると思う?
  • 英語が話せるとどうなるの?
  • なぜ日本語ではなく英語がスタンダードだと思う?
  • なぜリンゴは赤いの?
  • なぜ太陽は東から昇るの?
  • なぜ遅刻をするといけないの?
  • 喧嘩した人と仲直りするためにはどうすればいいの?
  • いつも楽しそうにしている友達は、なぜいつもあんなに楽しそうなの?
  • なんで大人は働かなくちゃいけないの?

こんな正解のない疑問を投げかけ、自分の頭で考え続けるレッスンを最後の10分間行います。

Copyright(c) 2016 子供英会話の未来スクール All Rights Reserved.